2022年11月25日

秋の筍料理

竹の学校「筍料理教室秋レッスン」

日本の竹ファンクラブが贈る秋の食シリーズ
キウイフルーツ狩り・みかん狩りと続いた果実の味覚 あとはシメの筍料理!
荒木のりこ先生登場 決めのにんにく ウマシ!

筍でパエリア ポテトサラダ 横浜ドライベジガーリックスープ

筍料理 秋 集合写真 

takefan at 17:38|Permalink

2022年11月21日

湘南をのぞむ地 神奈川県中井町

県西地域の豊かな自然に囲まれたマダケ林パワーとみかん狩り

竹林が若返りました 若さあふれる親子と会員が怪しげな天気のなか集合
スケジュールを縮めたイベント 解散した後に冷たい雨が落ちてきた

DSC_0163










空をにらみ予定を変更してみかん狩りを優先 中井町産業振興課さんそしてみかん狩りの武井農園さんには野菜も採らせていただき満足まんぞく お世話になりました

DSC_0173










別世界のような竹林に戻ってのんびりと竹に触れた日 

DSC_0170










短時間でさわやかシャワーをたっぷり浴びて笑顔に

DSC_0172










地球の気候変動 まの当たりに 例年になく今年は色つきが少し遅れたよう チョットのがまん 何日かあとに食べてみては・・・・・


takefan at 07:39|Permalink

2022年11月05日

19回目の小机城址市民の森「竹灯籠まつり」

秋の竹灯籠まつりは1,850名のお客様を迎えました

竹林整備 地産地消 まちづくり まちおこし 竹林のなか5シーンの幽玄の宵
3,800の水に浮かべたロウソクの灯火がゆらいだ  

日本の竹ファンクラブ竹取協力隊・援農隊の活動が結実 とおく青森の赴任先から駆けつけて参加の会員もいました
用材の伐り出し〜竹灯籠つくり〜設置〜前日の準備まで延べ220名

きょうは朝から105名が応援してくれました 準備は竹灯籠へ水入れ、ロウソク入れ、着火と進んで午後4時半にお客様を迎えた

DSC_0154









IMG_7081









1667771886456










567










1667771891774










横浜市の北部 小机城址市民の森 一大イベントは多方面の方々に支えられています

・特定非営利活動法人日本の竹ファンクラブ会員(竹取協力隊・援農隊)
・小机城址市民の森愛護会
・横浜市環境創造局
・港北区役所
・城郷地区連合町内会(小机大堀・小机堀崎・小机土井・小机宿根・小机矢之根・小机愛宕・小机東・岸根町の各町内会及び鳥山町自治会)
・東日本旅客鉄道小机駅
・小机宿根町内会おたすけ会
・ボーイスカウト横浜20団
・UPSジャパン
・あかりびとのみなさん
・NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)神奈川白楽クラブの加盟各大学
(神奈川大学・東洋英和女学院大学・慶応大学)
・日吉台中学校
・城郷小学校
・小机小学校
・馬場小学校
・米海軍横須賀基地内キニック・ハイスクール
・そのほか多くの市民

みなさん ありがとうございました




(NGS)

takefan at 20:30|Permalink

2022年11月01日

秋の竹灯籠まつり

天気に恵まれた小机城址市民の森

前半は竹灯籠用材伐りからまずまずの天気、中盤の製作、終盤の設置は上々の天気。
竹取協力隊とNPO法人国際ボランティア学生協会神奈川白楽クラブの学生が力を合わせた5カ所におよぶ会場は、久々の日吉台中学校、常連の城郷小学校と小机小学校、新顔の馬場小学校の作品が並びます。

11月5日は広い小机城址で水に浮いたロウソクのあかりが、幽玄の世界をつくる。

DSC_0145_R











日本の竹ファンクラブ
「第19回 小机城址市民の森 竹灯籠まつり」  
横浜線「小机駅」北口 下車徒歩15分
16時30分〜18時30分

・マスク着用をおねがいします
・ソーシャルディスタンスを保ってください
・カメラの三脚使用はメイン会場の指定1カ所です




(NGS)


takefan at 21:30|Permalink

2022年08月19日

暑い夏に熱〜く! 「竹工房」

猛暑 酷暑 残暑にもマケズに竹林の下で

小机城址市民の森 竹林のなか「竹工房」竹細工が始動 
竹林観察と竹ひご作り & 「四海波花籠つくり」

7月と8月に3回 会員以外の一般と会員の参加 
全員が日本の竹ファンクラブ「竹工房」の竹ひご作り竹かご作りの主役 
竹細工はいまの自分が出来るワザを出し 他のひとのワザを学ぶ

世話役さんは事前の準備段取りに大汗をかきかきタイヘン でもタノシソー
自然環境満喫の竹林の下が充実した「竹工房」となっています 

竹ひご製作説明明










コースター作り (1)









次は「四海波花籠」の完成だ!!


竹ひご作りは2日間じっくりと腕を磨き3日目にしてめでたく「四海波花籠」となった


16611308967403









ワザの出し合い一発目ここに結実 これからは・・・乞うご期待・・・




(NGS)

takefan at 17:25|Permalink

2022年06月15日

水無月 キラリ 美竹林

衣替え夏服へ 田植え 入梅 夏至 熱中症にご注意
日本の竹ファンクラブ竹取協力隊・竹取援農隊がかいた汗
ひと文字で表すなら ” 美 ” 

都筑折本
上段から望む南急傾斜地 ウグイスの鳴き声に癒されます

都筑折本










小机城址市民の森
梅雨入り宣言前日の園路は落葉した笹葉で満ちていました
梅雨入り直前の園路










中井町半分形 
広域農道やまゆりラインはマダケ街道 整備されたエリアがパッと現れる

DSC02832_R











こどもの国 
映えるグランドとマダケ林 みどりのなかテニスに運動に彩りが

こどもの国 











横浜国際プール
梅雨の合間の竹林は竹稈が一段と際立ち明るく凜として立つ

DSC_0034













(NGS)


takefan at 10:25|Permalink

2022年05月01日

竹灯籠まつりのあと

【竹灯籠まつり 横浜国際プール林浴の庭】

15回目となったまつりは、まん延防止等重点措置の解除から約3週間が経ち開催。
その後は竹灯籠を割り、チップ化処理後に竹林の林床へ戻りました。
モウソウチクは竹の笹葉が黄色になり落葉直前、新葉への生え代わりはすぐです。

4月9日の竹灯籠まつり
IMG_7052










横浜国際プールのロゴマーク 飛び込み台とダイビングプール
220409国際竹灯籠まつり (2)











220409国際竹灯籠まつり (6)











220409国際竹灯籠まつり (10)












【都筑折本の竹林】
親子で学ぶ竹林、屋根シートを張って親子を迎える体制を取り雨天対策万全。
集合から進行を早めてタケノコ掘り、竹お椀つくりをしてスタッフの作った味噌汁を注いで昼食となった。
220424親子で学ぶ竹林 タケノコ掘り (1)










ママ パパの手作りお弁当を食べ終えて、ゆったりしているところでポツリポツリと! 
上々のスピーディ運営! 親子のニコニコ顔が雨を見事にコントロールしました。

220424親子で学ぶ竹林 竹の子掘り (3)










その後 竹林では
役目が済んで竹灯籠割り
割り作業










チップ化作業
チッパー作業










密度管理 不要エリアで竹の子除去と竹水仕込み
DSC_0003_R










ハチクが出てきました キリッとしまった出で立ち!
(こどもの国竹林)

GEDC0153










竹水(チクスイ)の取水 今年度の健康を祈願 まろやか味でカンパーイ
(小机城址市民の森)

DSC_0009_R












(NGS)


takefan at 14:13|Permalink

2022年04月16日

竹林の密度管理 決して楽じゃない!

間伐が一段落して春の竹灯籠まつりが終り雨が多くなった 

竹灯籠まつりの日 親竹候補 こんなに元気なのも
220409竹灯籠まつり









おもて年 地下茎の芽子が目をさまし各地のフィールドで親竹選定 密度管理の竹の子保護と処理がすすむ

絡んだ地下茎切り用のノコギリを腰に スコップやバチ鍬を手に汗が出る
都筑折本 こどもの国 小机城址 横浜国際プールとモウソウチクでつづく

竹林外の通路際の処理
竹林外 通路際










作業みち上の処理
作業用通路上









親竹候補以外のもの 竹林外 竹林整備作業みち 通路際
おもて年の密度管理はひたすら忍耐! 黙々と我慢 掘る 蹴とばす! 

もうすぐ笹葉の落葉も始まる竹林 竹取協力隊の明るい声が響きます 



(NGS)
  

takefan at 20:16|Permalink

2022年03月24日

令和4年度のはじまり 春の竹灯籠まつり

春で〜ス 咲いた!
河津桜 ヨコハマヒザクラ コブシ モクレン ユキヤナギ ソメイヨシノ レンギョウ とくると つづくは『竹灯籠まつり』

地域まちづくり まちおこし 春の強風が吹き荒れたあと さて天気は! 

イラッシャ〜イ オドロキ ビックリ これって現実!! ほおをつねって下さい
『幽玄』 『おとぎ世界』 『明日への誘い』 『思考できる時間』 『明日への道しるべ』

竹林を愛する日本の竹ファンクラブ 間伐した竹がまちづくりに生きる『竹灯籠まつり』
15年目を迎えた横浜の北端 港北ニュータウンの大きな夜間のイベント 
これからも皆さんに愛される竹林を 綺麗に美しくつくっていきます

4月9日(土)の夜 横浜国際プール林浴の庭 
おとぎ世界の不思議ワールドになります




(NGS)



takefan at 14:09|Permalink

2022年03月15日

サクラの季節 竹林とまちづくり

早咲きの河津桜、今年は各地で開花が遅かったようだが淡いピンクの花が青空に似合う。
街も竹林もこころ温まる季節、竹の子が地下からキョロキョロと周りをうかがっています。

地域協働でのまちおこし、まちづくりとなる春の竹灯籠まつりはたくさんの会員と一般の方の参加で準備が進み、つぎは竹灯籠つくりとなる。

横浜みずほ幼稚園
DSC_0060_R










東京都市大学横浜キャンパス
DSC_0061_R










竹灯籠つくり前の間伐竹
国際間伐_R










16472204743222









第15回 竹灯籠まつり 横浜国際プール林浴の庭
チラシ ⇒ こちら




(NGS)


takefan at 07:11|Permalink