2017年05月01日

都筑折本 放置竹林整備ゼロからの20か月

日本の竹ファンクラブ竹取協力隊・竹取援農隊 活動の記録

ここは横浜市都筑区の南端 折本農業専用地区の端
すぐ南には第三京浜と首都高速横浜北線の港北ジャンクションをのぞむ
下から上がれば息の切れる急斜面 すり鉢状の厳しい条件下 0.3ヘクタールの放置竹林
それは2015年9月13日 最上部平場での整備拠点づくりから始まった
定例活動22日 延258名  平日有志活動7日 延43名
チッパーシュレッダー稼働16日

みちづくり 101m(スイッチバックスペース1カ所)
ここでクラブ3機目 2015年9月導入の新鋭チッパー竹3号機が威力を発揮
枯竹伐採 竹間伐 雑木と廃棄物処理 倒竹・腐れ雑木の集積
チッパー用みちづくり チップ化処理
ボランティアの汗と力の結集がファーストステージで見事あらわれた
そこには林床に木漏れ日が射し込むおだやかな美しさが




整備着手前の状況            空が見えない暗い状況
 整備着手前 (1) 整備着手前 (2)









長年放置された竹林           整備の拠点 最上部の平場で
 整備着手前 (3) 150913第一回15名









整備初期 上から下部を望む       みちづくり進行中
 整備作業中 作業用みちづくり









中段東より望む作業用のみち 左端(西側)がスイッチバックポイント
縮小 作業用みちづくり (2)



スイッチバックポイントから望む       下から上部を望む
竹林整備中                 集積した竹
 集積処理前1 集積処理前2








チッパー 「竹3号機」 によるチップ化
 集積処理チッパー掛け集積処理チッパー掛け 2










2017年4月27日(木) ファーストステージ終了
間伐竹は土留め兼作業用足場に  等高線に合わせた平行線模様が浮かんだ


スイッチバックポイントから望む斜面
スイッチバックから望む170427


下から上部を望む
下段から上の望む170427



いよいよセカンドステージは2017年5月からはじまる
古竹の間伐を推進 少数での竹林管理体制を目指す仕上げに向かう

まだまだ道半ばの竹林 継続した計画管理が鍵
間伐竹を貯めず早目の平日活動でチッパー稼働へ 

騒音を伴うチップ化は地元との協議で有志平日活動となった 
次年度は平日定例スケジュールを視野にデータ取得中

小さな竹林 楽しむ竹林整備活動
竹取協力隊・援農隊員の思いが大きな結晶となりつつある




(NGS)



takefan at 07:07|Permalink

2017年04月23日

たけのこ掘り うら年のたけのこは美味だ!

うら年とはいえ出筍がこれだけ遅れたのはなぜか

昨年の4月10日はいたるところに  でも今年は出ない

4月16日になってやっと楽しんで掘ってもらいました

昨年は背丈を超す竹の子の中で短いのを掘り取った小机だが

今年は探して掘り取る楽しさがあった


良い色で穂先が              ちから強く  ぜったいに
たけのこ出た!ぜったいにぞ掘る!









スコップの入れ方はプロ級か        地下茎の芽子(メシ)が筍に
縮小都筑折本筍堀りたけのこと地下茎









(NGS)










takefan at 10:07|Permalink

2017年03月31日

平成29年度直前の竹林

中井町マダケ

間伐した竹の処理はチッパーによるチップ化と一部は焼却も
中井町








林床に陽光差し込む整備状況
中井町2










都筑折本のモウソウチク

上下の高低差 なんと30m
一年間積み上げた枯竹の処理がすすむ
急傾斜の作業道しか設置できないチッパーの作業もタイヘン
平日有志での作業がまだまだつづく
都筑折本









takefan at 07:33|Permalink

2017年02月18日

春待つ竹林

2月5日 横浜国際プール
竹林の間伐
DSC_0096








2月18日 小机城址市民の森
竹穂垣改修
縮小 160218協力隊 竹穂垣








2月18日 竹の学校竹林管理コース
四ツ目垣改修
縮小 170218竹の学校四ツ目垣









(NGS)








takefan at 08:10|Permalink

2017年01月16日

竹垣の改修

小机城址市民の森 四ツ目垣

10月に開催した竹灯籠まつりのメイン会場から離れた散策路港北IC寄りの北側10スパン18ⅿを改修。年明け最初の活動には多くの竹取協力隊員が集まった。古くなり枯れてしまった柵は前回解体済みで、一挙に材料つくり、組立と進んだ。胴縁も立子もダイナミックに太さを強調、でも細い立子も利用して2本使いで負けずに太さを表現するに徹した。やがて間伐竹の利活用で太く、みどりきれいに輝く竹で四ツ目垣が完成した。次回は竹穂垣を改修します。ここは京都か修善寺か・・・にします、みなさ〜ン、大集合ですヨ〜。

DSC_0079DSC_0081








         三段胴縁  親柱・間柱ピッチ1.8ⅿ
DSC_0082



横浜国際プール 四ツ目垣

東端部 散策路際の古くなった垣根を(8スパン16ⅿ)改修。
旧柵を解体し親柱・間柱・立子・胴縁材を製作。単管の隠し支柱も抜いて、柵の位置を緩やかな弓なりにして、再度打ってから組立。二段胴縁のため、竹材や棕櫚縄の使用数量も限定的で、少ない参加者でも一回あたりの施工長はまずまず確保できている。もともと何もなかった散策路と竹林との間に作った内垣だが、今では3カ所延べ100ⅿを年20〜25m改修。プール建造物と竹林との間を、和の穏やかな調和をとるのと技術の継承に一役買っている。

古くなった垣根を解体して
DSC_0080DSC_0083








          二段胴縁  親柱・間柱ピッチ2ⅿ
DSC_0084




(NGS)





takefan at 17:08|Permalink

2017年01月08日

どんど焼き

1月8日 北山田どんど焼き

新年の風物詩  協力させていただきました

地域最大のどんど焼き  山田富士公園の竹4本を心柱に  枯竹で骨組み

雨が近づく   持ち込まれる正月飾りや書初めも少ない

消防団の手で例年より1時間早く着火 人出も少なく静かに・・・

縮小 170108どんと焼き









(NGS)











takefan at 18:31|Permalink

2017年01月04日

酉年のはじめに

みなさま 明けましておめでとうございます。
今年も元気に  明るく  楽しく  のんびりとユッタリと・・・・・



1月4日 会報の発行 (日本の竹ファンクラブ通信)

暮れに印刷済みの1月冬号は、事務局員4人の手で発行
昼にクロネコさんDM便の集荷も終わって
買い出し ユッタリ 飲み呑み しゃべり喋り 食い喰い 
170104事務局員による通信発行 (430x323) (380x285)










(NGS)

takefan at 17:12|Permalink

2016年12月26日

ミニ門松で歳神様を迎える

12月23日  
主催:北山田地区センター  
講座参加者 18名  
出前講師 NPO法人日本の竹ファンクラブ4名

縮小 ミニ門松つくり (1)










縮小 ミニ門松つくり (2)










(NGS)

takefan at 13:34|Permalink

2016年12月23日

竹灯籠のチップ化

竹の間伐材  利活用  大イベント

たくさんの市民に楽しんだいただきました

竹灯籠の小割がおわり  生まれたふるさとの地にもどりました




小机城址市民の森 竹灯籠のチップ処理





(NGS)

takefan at 20:07|Permalink

2016年 年の瀬の竹林

日本の竹ファンクラブ年末のうごき

小机城址市民の森 12月4日、17日、24日
竹灯籠割りとチップ化
竹灯籠 小割り竹灯籠チップ化








横浜国際プール 12月11日       中井町 12月7日
竹林の間伐               竹林の間伐
 国際161211  (450x253)12月 中井町








こどもの国 12月13日         伊豆の国市韮山 12月10日                   
竹林の間伐               竹林の間伐
マダケDSC_0266 (800x450)








都筑折本 12月3日          竹の学校竹林管理コース 12月4日
枯竹の集積               寒肥と間伐
161203折本集積竹林管理コース お礼肥










(NGS)



takefan at 16:35|Permalink