中井町で「マダケ竹林再生」川崎市の竹林

2008年02月23日

竹の学校「竹林管理コース」

 2007年度竹の学校竹林管理コース第8回講座が開かれ、受講生17名が竹垣作りに挑戦です。

 ここの竹林散策路は竹穂垣と四つ目垣が整備されていますが、実習は本丸広場北のS字状階段部の四つ目垣です。

 既存の竹垣を前に実習の要点と手順の説明のあと着手しました。
080223管理コース先輩の説明
単管を大ハンマーで打込み、材料として切り出した竹下部の太い部分を親柱として単管に被せます。残りを胴縁(ドウブチ・・水平材)と立子(タテコ・・中間柱材)として使います。

 
 講師と先輩方の指導のもと胴縁の微妙な曲げ方と接合を繰り返し、シュロ縄で苦労して立子を垣根結び(男結び)で固定しました。
080223管理コース四つ目垣垣根結び
 



小机城址市民の森
は今回の実習成果で、昨年10月に港北土木事務所が整備した階段と真新しい四つ目垣が、竹林をより引き立てるようになりました。

080223管理コース四つ目垣カーブ完成





080223管理コース四つ目垣と竹林

 
 
 
 

 




 管理コースも残すところ1回のみとなり来月は、実習とまとめの講義のあと修了式になります。

 その後はみなさん楽しみにしている懇親会を開きますよ!
先輩方もぜひいらして下さい、楽しく盛り上がりましょう。


takefan at 10:56│TrackBack(0)

トラックバックURL

中井町で「マダケ竹林再生」川崎市の竹林