小机城址市民の森 と 横浜国際プール林浴の庭「中井 たけのこ祭り」に向けて定例活動

2008年05月10日

竹取協力隊

 3月末か4月初旬の気温に小雨空。
ここ港北ニュータウン北部、横浜国際プールロビーに日本の竹ファンクラブ竹取協力隊が集合しました。

女性4名、男性6名がプールではなく外の保存緑地「林浴の庭」で全員雨合羽で作業開始です。

 たけのこは細いのは長さが2〜3m、太いものは長さ5〜10mぐらいに生長しています。
全員で東エリアから西エリアに移動し、細いものと成長しきらない、とまり筍を中心に処理しました。
  
 これからの時期 弁当忘れても雨合羽は持参  080510横国P雨の定例作業




竹林密度管理上不要となる太くなったものも一部処理、しかし10月の竹灯籠まつり用を考えて加工材としての確保としておおむね残しています。


 竹水作り仕込みは最後に西エリアで3m程度のたけのこの上部1mを切りおとし、数本仕込んで、残りの2mにどのくらい溜まるか楽しみです。
  
  収穫した穂先筍  080510横国P 穂先筍の収穫
3週間後に取水ですが各節にたっぷりと溜まっていることでしょう。
横浜国際プール公認!元気印の「竹水・チクスイ」を飲んで暑い夏を乗り切るぞ!

作業を終わって再びプールロビーのソファーで一同、隊員差し入れのドーナッツとチョコ菓子をいただいてお開きとなりました。


takefan at 15:53│TrackBack(0)

トラックバックURL

小机城址市民の森 と 横浜国際プール林浴の庭「中井 たけのこ祭り」に向けて定例活動