湘南ひらつか七夕まつり竹の学校 「指導者養成コース」

2008年07月21日

夏休みだ 竹とんぼ

夏休み親子竹細工教室
竹とんぼを作って飛ばそう!!

しかも豪華!ワイルド! 竹皿、竹箸で食べるお昼ごはん、お茶付き!
まだまだ、地元ケーブルテレビ ケーブルネットつづきの森 も来たぞ!
 

080721玄関前の全景主催  ;  横浜国際プール
指導協力; 日本の竹ファンクラブ
今年度のイベントとしては4月19日の「たけのこ掘り大会」につづく第2弾
竹とんぼを作って、ご飯を食べて、飛ばして、大人クラス、こどもクラスそれぞれで飛距離、滞空時間を競い1位から3位までプールまたはトレーニングルームへの招待、合計12本あります

夏休みに入って3日目、親子18組36名、お父さん、お母さん、おばあチャン、おじいチャン、熱さに負けないぞー!

会場の横浜国際プール多目的ホールはエアコンバッチシ、熱くな〜〜い

でもこれから、削り出し竹とんぼを作る大人の部の方々は、きっと汗がでてきますよ

会場の多目的ホールで教室の受付が始まる頃、メインプール・飛び込み台裏の倉庫ではすでにお昼の準備が始まっていました
 080721竹箸の加工080721竹皿と箸の完成洗浄









林浴の庭の竹林から4日前に、2年生竹を切り出して用意してあった竹材の加工です

大型丸のこで竹を切り二つ割りにするご飯の片節付き皿と、ナタと切り出しナイフを使った太くゴッツイ竹箸が、日本の竹ファンクラブのスタッフによって順調な滑り出しです

このようにして親子竹細工教室はとんぼ班、昼食段取り班に分かれて同時にスタートしました

ということで今回のとんぼ、大人は伝統の切り出しナイフで削り出す竹とんぼ、竹串もつくります
お子さんは粗削り済みのスーパー竹とんぼ作りで竹串は既製のバーベキュー串を使います

080721竹トンボ教室全景080721大人子供のセット









080721真剣にサンドペーパーかけ080721ちょっと削りすぎ








大人は一生懸命にナイフで削り、サンドペーパーで磨きます
お子さんは軽い磨きが済むと、羽根のバランスを見てあげ、ロウソクの熱でひねりを加えてて竹串を接着剤で固定、あとは色仕上げをします

080721お父さんを指導080721特許!ビール缶調整台









080721地元ケーブルネットつづきの森取材080721色もきれいに完成








会場ではケーブルネットつづきの森のTVカメラクルーが撮り続けています

特製バランス調整台1(ビール缶)に次から次へと持ち込まれる羽根は、イロイロ
うすーくなりすぎ、これホントにとんぼの羽根みたいダゾー
大人の部ではおひとり、先生と同じ見事な削りで、良い角度の付いた素晴らしい羽根がありました
080721スーパー竹トンボの完成

倉庫の作業が終わり、片節付き竹皿と箸が到着しました
レストラン「ウオーターアリーナ」からご飯とおかず、お茶も届きました





080721竹皿にご飯を盛り080721竹箸製作完了








ワイルドのな食事を参加者と一緒にわれわれもいただきました
普段は竹林フィールドに腰をおろして弁当を広げるのが、今日はエアコンあり、テーブル・椅子ありでいつもと雰囲気が全然違います

午後はいよいよ出来栄えを競います
2階のサブアリーナ体育室の予定を、正面玄関前ローターリーに変更して青空のもとで開始しました080721よし!TVカメラに緊張080721これは滞空時間スゴイ










080721きびしく飛距離測定080721ご感想はTVで









練習後に飛距離をテープ、滞空時間をストップウオッチ測定、厳格です
練習では見事な飛びが、TVカメラの前では緊張して・・・・・・・・

2008年度の記録
こどもの部(スーパー竹とんぼ); 飛距離第1位 11.5m、 滞空時間第1位 3.5秒
大人の部(削り出し竹とんぼ); 飛距離第1位 13.43m、 滞空時間第1位 5.77秒

表彰式は多目的ホールに戻り、こどもの部、大人の部それぞれに表彰状と副賞が授与されました
080721大人の部表彰080721こどもの部表彰









080721主催者挨拶









連日の暑さでメインプール、サブプール、トレーニングルームが賑わっています
お帰りに「林浴の庭」で竹林、雑木林をご散策ください
☆ 横浜国際プール地図 ☆


takefan at 22:54│TrackBack(0)

トラックバックURL

湘南ひらつか七夕まつり竹の学校 「指導者養成コース」