竹灯籠のチッパーかけまってました シーズン到来

2008年08月31日

8月、猛暑、残暑、記録的豪雨

最高気温が35℃以上の日「猛暑日」、 気象庁が作年の4月に使用を開始した予報用語が連日続いた日本列島。
熱闘夏の高校野球大会と北京オリンピックの熱戦でさらにヒートアップ。

そんな暑いなか日本の竹ファンクラブは、横浜市都筑区中川のハウスクエア横浜に事務所を移設して、一周年を迎えました。
8月9日から19日までは事務局業務も夏休み一時休業。

皆さんも久しぶりにゆっくりとふるさとにお帰りになり、親戚の方々、旧友との語らい、またレジャーに楽しく過ごされたでしょうね。

我が家は東京生まれ、でふるさとは無くさみしい限りですが、逆に子供達家族が遠くからのと、近いのと2家族が孫を連れ同時に来て居候状態。アツイ・ウルサイ・息つく暇なくテンヤワンヤ。おまけに建物の大規模修繕工事が重なり足場に網目の養生シートが張られて、霞がかかっているようでうっとうしい。でも楽しく元気をもらいました。

休み明けに事務局のインクジェットプリンターが酷使に次ぐ酷使でついに、悲鳴が上がりダウン。孤軍奮闘のプリンターも修理の休業が済み、無事戻ってきてスタンバイオーケーです。

行事が盛り沢山のクラブ秋の陣で、スタミナをたっぷり蓄えて体のリフレッシュをした皆さんとの再会がまじかです。

8月の最後は月を見ながら、秋近しを感じる風にあたって・・・そんな予想をしてましたが、なんと関東・東海で大雨被害のおまけまで付いた月末になりました。

ではいつもよりぐっと少ない、この8月ひと月の動きを振り返ってみます。

080805小机チップの敷きの竹林
8月2日(土)〜8日8(金)小机城址市民の森チッパー作業(竹灯籠と間伐材)
竹取協力隊定期スケジュール以外作業で有志の参加
熱中症が気がかりでしたが、7日間延べ35名の力でチップのふかふか小道になりました
最後にチッパー機がダウン、壊れた!











080803指導者養成コース8月3日(日)第1回 竹の学校指導者養成コース開講
対象者;竹の学校 竹林管理コース修了者
内容;リーダー心得、危険予知と対策、安全衛生教育
都筑区中川西地区センターにおいて23名受講
横浜開港150周年記念事業の市民活動指導員としての出番があります
みなさんの活躍が期待されます




8月17日(日)横浜国際プールにてロウソクの燃焼テスト(竹灯籠120本)
前回4月13日のテスト時使用の再使用50本を含めて竹灯籠70本、今回製作分50本そして3種類のロウソクを各40個使用
小雨の中、竹を切出して竹灯籠を作り、3種類とも微風にも安定したサイズの炎でした
これであれば大丈夫か! どれもまずまず、どの種類にするか迷うところ!
080817ロウソク燃焼テスト080817ロウソク燃焼テスト










080831 8月度打合せ8月31日(日)中川西地区センターにてスッタフ打ち合わせ
月1回、いつもの場所に集まりました
主な議題は2フィールドの「竹灯籠まつり」竹灯籠の配置検討、ファンクラブ通信秋号の記事担当割でした
インターンシップの神奈川大学、横浜国大の学生さん4人にも進行のサポートをしてもらいました




最後に恒例の「竹灯籠まつり」とその他のお知らせ
例年通り横浜国際プールと小机城址市民の森で開かれるのをはじめ、横浜開港150周年記念事業「竹の海原」用の竹材を、市内中の竹林から市民の手で切り出すのに10月から多くの指導者を派遣します。
これからも竹文化の保全・活用・人材育成に前進あるのみ、総力をあげて進みます。


takefan at 22:14│TrackBack(0)

トラックバックURL

竹灯籠のチッパーかけまってました シーズン到来