春はすぐそこにみどりアップ、森を守る、竹林をまもる

2010年02月28日

日本の竹ファンクラブ「竹垣コース」

昨日から続く雨のため倉庫に受講生全員が集合。日本の竹ファンクラブ2009年度 竹垣コースの4日目は、光悦寺垣の仕上げに入ります。
100228倉庫で光悦寺垣製作午前中は土台に取付けた親柱に、組子の端部を補強しながら設置して固定。意気込みすごく1時前から再着手し、玉縁曲げ加工と取付け、親柱巻き立て用の竹加工と取付と進んで、その間にも組子交点の男結びが出来上り休みない作業が続きました。
今日は絶対に組み上げるぞ! 受講生の熱気が倉庫内にみなぎって、ほぼ同時に3基すべてが終了し、時計を見ると予定を1時間オーバーの4時でした。安永先生の講評は“ 3基とも素晴らしいです ”。一点だけ玉縁の勾配について、親柱から始まる玉縁が曲線始点までの間、設計書通りの水平になってないことが指摘されました。
みなさん初めてのこと、なかなか設計書を確認しながらの余裕もなく、限られた時間にしては良かったですよ。
こうして「日本の竹ファンクラブ2010年型 光悦寺垣」も完成して竹垣コースがおわりました。 (NGS)

takefan at 22:10│TrackBack(0)

トラックバックURL

春はすぐそこにみどりアップ、森を守る、竹林をまもる