竹林における企業の社会貢献活動芸術!オブジェ! 実用竹の縁台づくり

2011年07月11日

夏休み前の竹取協力隊

110709プールマダケ密度管理下草刈日本の竹ファンクラブ竹林整備夏休み前のしんがりは、横浜国際プール細いマダケエリアで「親竹の密度管理と下草刈り」。今年の最高気温の中、親竹以外の細竹を伐採してボウボウとなった草刈り、40分作業しては10分休憩して水分と塩分を補給。今日初参加の学生M君は親御さんの実家筑波の竹林整備が行き届かずに、何とかしたいと来ましたが、竹取協力隊の動きを見て感心することしきり、そして少しバテたかな!竹林管理のお休みは、一年のうち1か月半位よと言われても訳が分からず納得できないよう!でもきれいになった竹林を見て達成感を味わったようでした。
さていよいよ夏休み後の再開は、間伐材の活用・幽玄の世界「竹灯籠まつり」準備一色になり、9月10日から竹林管理の再開となります。 (NGS)


takefan at 21:19│TrackBack(0)

トラックバックURL

竹林における企業の社会貢献活動芸術!オブジェ! 実用竹の縁台づくり