愛川町で竹林整備と野外料理竹林の間伐と施肥

2011年12月01日

若山農場・竹研究所

111112若山太郎氏須賀川の松明あかし行きの折、途中の宇都宮ICに程近い、若山農場・竹研究所へお邪魔しました。親子三代にわたり70数年間、無農薬、有機栽培を心がけて、竹と栗のみを作る農場です。三代目の代表若山太郎氏は2009年5月の総会に特別講演をしていただきました。洞爺湖サミットの時には会場を、品種改良で出来た高さ5〜6mのヒメアケボノモウソウチクで飾り、今では首都圏の超高層ビル、再開発地内、個人住宅の庭等で次々に植栽されています。東京ドームの4倍以上の約18ヘクタールには、モウソウチク、ヒメアケボノモウソウチク、チゴカンチク、栗などが植わっています。若山代表に案内してもらったが、平坦で広大な農園の一部を見ただけ。テレビのCMやドラマで一見 京都風の竹林が出てくるのは、ここ宇都宮というのが結構あるそう。 (NGS)

   若山農場・竹研究所 ⇒ 栃ナビHP 若山農場






takefan at 17:24
愛川町で竹林整備と野外料理竹林の間伐と施肥