2018年01月29日

竹穂垣の改修

小机城址市民の森の最奥には穂先を使った竹穂垣がある

全長100m以上  毎年毎年  数年前作った部分の傷んだ所を改修

それは技術の継承でもある  今年は10スパン20m

陽の当たらない寒さ厳しき場所  第三京浜道路港北 ICを望む

先ずは雪除けと朽ちた部分の解体から始まった


親竹・間柱そして 二ツ割り胴縁の取付けを先行

20180127_11403320180127_134005









竹の枝・穂先を挿し込む  刈込鋏でお化粧  一連の作業に時間がかかる

20180127_133953


切れ味鋭いと言いたいところだが切れ味!!!の刈込鋏

20180127_142151

間伐竹を活用  穂先は大量の言葉が似あうくらい必要だ
胴縁は完了するも穂先材がとても間に合わず
日本の竹ファンクラブ仕様の竹穂垣  予定通り来月もつづく  




(NGS)

takefan at 18:57