小机城址市民の森竹灯籠まつり日本の竹ファンクラブの感染症予防策

2020年11月07日

よこはま港北の竹林 明るいともしび

ありがとうございました。
小机城址市民の森愛護会、横浜市環境創造局、 小机商店街協同組合、ボーイスカウト横浜第20団、宿根町おたすけ会、IVUSA国際ボランティア学生協会(神奈川大学、鎌倉女子大、東洋英和女学院大、フェリス女学院大)、桐蔭横浜大学、横浜市港北区役所、城郷小机地区連合町内会、JR東日本横浜線小机駅のみなさんにご協力ご支援を頂いた「竹灯籠まつり」を無事終えました。

日本の竹ファンクラブの竹取協力隊と共に皆様が9月から準備をした竹灯籠に、今宵無事ともしびとなって明るい光りになりました。コロナ禍の時代に官・民・団体の協働で持続化まちづくり、環境整備は輝かしい1ページを刻みました。

感染症防止第一、ご来場のみなさまには神奈川県LINEコロナお知らせシステムQRコードの読み取りや検温の実施、氏名ご連絡先、ソーシャルディスタンス、写真撮影をご遠慮願ったりのご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

おかげさまで1,324名様から頂いた厚いご支援ご来場は、日本の竹ファンクラブの今後の活動に向かって大きな糧を得ることができました。

takefan at 23:58
小机城址市民の森竹灯籠まつり日本の竹ファンクラブの感染症予防策