足柄上群中井町

2008年02月17日

中井町で「マダケ竹林再生」

 足柄上群中井町半分形(ハブガタ)マダケのフィールドで久しぶりの緊張感を味わってきました。

 3年目、マダケジャングルだった所が先輩方とたくさんのボランティアのおかげで、竹林が復活し小道もできて様々なイベントが開かれています。

 でも広いフィールドはまだ未整備のところが多くあります。



 
 竹林再生の班分けは間伐竹チッパー、枯れ竹の焼却、景観確保間伐、未整備部間伐の各担当に組まれました。
 
 このうち未整備部のジャングル開拓隊は皆つわもの、ニホンカモシカのごとく超急斜面にへばりつき、枯竹と倒れた竹を切り下の谷に集積しました。



  
 昼食は中井中央公園に移動してとり、思い思いに農産物直販所で、作業のご褒美であるクラブ発行地域通貨「竹」を使って、お土産を買い午後の作業に復帰。

 “ここの漬物類は絶品、おすすめは大根の酢漬け、野沢菜漬け、だしこぶ入り白菜の浅漬け等、酒のつまみに最高‥もう止まりません”




 中井が誕生して100周年の節目の年、たくさんの町地域事業が計画されているなか、見通しがきくようになった美しい竹林を眺めていると、日本の竹ファンクラブの活動にもますます力が入ります。

takefan at 23:10|PermalinkTrackBack(0)